再生医療について

再生医療とは

再生医療とは本来ヒトが持っているトカゲのしっぽが再生する様な「再生力」を、美容や健康増進や病気の治癒に応用した最先端治療です。
私たちは、傷を負えば自然とかさぶたができて傷が修復され、骨が折れれば身体の内部で骨が癒着し元通りに戻ります。再生医療は外部からの成分や薬品を体に入れるのではなく、そのような身体が持つ自然治癒力の元となる幹細胞を利用して、身体本来の機能を回復させ美しさを維持するためのものなのです。

再生医療の中核をなす幹細胞

皮膚や血液など私たちの身体を構成する細胞は、短い期間で入れ替わり続けています。細胞が失われた部分に再び新しい細胞が作られて補填されていくのですが、この新しい細胞の元になるのが「幹細胞」なのです。幹細胞は血液や皮膚、臓器の細胞が損傷した際に発せられるSOS信号に応じて引き寄せられ、損傷箇所の細胞を補うようになりかわる『ホーミング効果』があります。更にそれだけでなく、成り代わった場所の細胞と同じ機能をもつ細胞を、分裂によって増やすことができる、という能力も持っているのです。つまり幹細胞は全ての細胞の種であり、形を変え派生していくことで再生力の源になるのです。

再生医療は自らの細胞を使う安全な技術

この幹細胞は様々な組織に存在しており、脂肪、骨髄、臍帯、胎盤由来の物が一般的ですが、その中でも特に脂肪由来の幹細胞は、増殖力の高い間葉系細胞が豊富に含まれていることから、いろはビューティークリニックでは脂肪由来の幹細胞を用いております。幹細胞は元々ご自身の体内にあるものなので、安全性も高くアレルギーや拒絶反応といった副作用や、未知の感染症などへのリスクが低く比較的安全な治療です。
また、当院では身体への負担が少ないお腹の脂肪を採取しておりますのでご安心ください。

幹細胞はどういった分野の医療に利用できる?

では自分の身体由来の幹細胞は、どういった医療分野に利用できるのでしょうか?未知の可能性を多く秘めた細胞ではありますが、当院では以下のようなお悩みを持つ患者様に向けた施術にその技術を活用しています。

  • ●エイジングケア
  • ●シワ・たるみなどの顔の加齢症状
  • ●慢性疼痛
  • ●毛髪再生治療(AGA・FAGA)
  • ●ED(勃起不全)
  • ●変形性関節症
  • ●肝障害
  • ●糖尿病
  • ●腎疾患
  • ●脳梗塞
  • ●脊髄麻痺
  • etc

監修医師

いろはビューティークリニック 院長
中地 修大