ブログ

慢性疼痛からの解放 -再生医療で日常を取り戻す-

2024.03.28

慢性疼痛は単なる痛みではなく、"痛み以上のもの"です。痛みに伴い、心身ともに日常生活に様々な支障が出てしまうこともあります。
慢性疼痛とは何かというところから、従来の治療や最先端の再生医療、幹細胞治療まで分かりやすく解説させて頂きます。

根本的な改善が期待されている再生医療の幹細胞治療を知って頂くことで、少しでも皆様や、皆様の大切な方々が痛みから解放されればと思います。

慢性疼痛とは?

慢性疼痛とは、明確な原因の有無に関わらず、3カ月以上にわたって痛みや苦しみが持続する状態を指します。
日常的な痛みから動作時に悪化する痛みまでその症状は多岐に渡ります。

慢性疼痛は腰痛、筋肉痛、関節痛、神経痛、頭痛、ストレス、抑うつ、不眠症、全身の疲労感、行動意欲の低下などといった様々な症状を伴い、日常生活を送るのに不便な状態になってしまいます。

慢性疼痛の原因とは?

慢性疼痛の原因は様々です。

交通事故によるケガや、椎間板ヘルニア、線維筋痛症といった病気など、慢性疼痛に至る原因が明確な場合もあります。

反対に、特定のけがや明らかな原因がないにも関わらず、慢性疼痛となることもあります。

痛みがなぜ長引くのかというメカニズムは複雑で個人によっても異なりますが、神経系の機能異常や炎症反応の持続によるものが多いです。

慢性疼痛の一般的な治療方法

現在の慢性疼痛の治療法には薬物療法、理学療法(物理療法)、心理療法などがあります。これらは痛みを緩和させ、コントロールすることを目的としております。

慢性疼痛の一般的な治療方法には以下のものがあります。

薬物療法

非ステロイド性抗炎症薬やアセトアミノフェンなどの一般的な鎮痛薬に加えて、鎮痛を補助する抗うつ薬などが使用される場合があります。

薬と水の入ったコップ

理学療法(物理療法)

疼痛の緩和、筋力向上を目指して運動などが行われます。マッサージ、電気刺激、熱療法、冷却療法などの物理的なエネルギーを活用して治療を行うこともあります。

リハビリ中

心理療法

個人の感情や行動、思考パターンを分析し、慢性疼痛による日常生活の制限やネガティブな思考を和らげ、達成感や満足感のある生活を再び取り戻すことを目指して行われます。

これらの治療方法でも改善しなかった方へ新たな治療の選択肢となるのが”再生医療、幹細胞治療”になります。

メンタルトレーニングの本

新たな選択肢、最新の治療方法”再生医療”

慢性疼痛の治療に革命をもたらす可能性を秘めた、再生医療といわれる幹細胞治療です。

幹細胞治療は損傷した組織や神経、筋肉をなどを修復・再生し、機能を回復させることを目的としています。つまり、従来の治療とは異なり、根本的な治療が期待できるものとなります。

 

具体的には患者様自身のお腹の脂肪を、数ミリの傷から取り出します。取り出された脂肪から、幹細胞を抽出し、培養・増殖して点滴にて全身に戻すという治療になります。
投与された幹細胞は、損傷した部位に自然と引き寄せられ、組織を修復・再生し、炎症を落ち着かせる性質がありますので、お体の痛みのある部分に効果を発揮します。

慢性疼痛の軽減に伴い、不安や抑うつ、行動意欲の低下、不眠などの症状も改善が期待できます。

慢性疼痛からの解放 -再生医療で日常を取り戻す-

いろはビューティークリニックでは、従来の治療方法では改善しなかった方へ新たな選択肢として”再生医療/幹細胞治療による慢性疼痛の治療”をご提案させていただきます。

「痛みから解放されたい」「今の治療では満足がいかない、改善しない」とお悩み方はぜひ当院へお任せください

記事の監修者

医師 中地修大

医師 中地修大先生

神戸大学医学部医学科卒業後、神戸大学整形外科医局や関連病院にて研鑽を積む
いろはビューティークリニック所属
2023年5月にいろはビューティークリニック 心斎橋院を開設