NMN治療

NMNを用いた治療

「NMN」はビタミンB3に含まれる成分で、正式名称を「ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド」といいます。
このNMNはもともと人の体内で生成される成分で、体組織や臓器の修復や認知機能の維持に使用されている重要なものです。これを効果的に体内に取り入れることで健康の維持やお肌のシワやたるみの改善などによるエイジングケア効果が期待されています。

NMNを使用した点滴

次世代のエイジングケア治療として期待されているのが、この若返り効果があるとされるNMNを用いた点滴です。
いろはビューティークリニックでは
「若く健康な身体を維持したい」
「お肌のトラブルを解消したい」
「薄くなってきた毛髪を蘇らせたい」
という方に向けて治療をおこなっています。

「NMN」は食物にも含まれておりますが、100mgを摂取するためにはNMN含有量が比較的多いと言われるブロッコリーでも約2000房もの量が必要になり、非現実的な数値で難しいです。そのNMNを効率的に摂取するためには点滴による接種が有効です。
点滴の種類はNMNの含有量によって複数ご用意しておりますのでカウンセリングの際にご要望をお伝えください。

NMNがサーチュイン遺伝子を活性化させる?

近年の研究で人間の老化には「サーチュイン遺伝子」が深く関連すると言われています。このサーチュイン遺伝子は別名:長寿遺伝子と呼ばれ、細胞そのものを若々しく保つのに役立つ遺伝子であるため、これが劣化していくと徐々に身体全体が老化していきます。
このサーチュイン遺伝子を活性化し劣化を遅らせることができれば、若々しさを維持することができると考えられますが、この活性化にはNAD+(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)と呼ばれる成分が不可欠です。
NMNはこのNAD+を体内で生み出していくために欠かせない原料となります。

監修医師

いろはビューティークリニック 院長
中地 修大